2007年05月17日

汗とニオイの原因

汗ってなんでしょう? 汗は暑い時や興奮状態の時に体温を下げるために分泌されます。トウガラシなどカプサイシンを含むものを食べた時にも発汗します。汗が蒸発するときに皮膚の表面から気化熱を奪うわけです。

汗の正体は、尿と同じ成分ですが濃度がとても薄く、99%が水分です。若干の塩分を含みます。したがって、汗自体は無臭なのです。では、本来、無臭の汗がなぜ臭うのでしょうか?

kansen.jpg
汗を分泌する汗腺には2種類あります。エクリン汗腺とアポクリン汗腺です。図をご覧ください。エクリン汗腺は独立しており、アポクリン汗腺は毛穴に開口しています。そして、毛穴には脂腺も開口しており、皮脂が分泌されます。

エクリン汗腺が一般的な汗を分泌する汗腺であり、体表に数百万個も分布します。一方、アポクリン汗腺は特定の場所にしか存在しません。ワキ、陰部、乳りん、外耳道などです。アポクリン汗腺から出る汗には、たんぱく質、アンモニア、脂質などが含まれます。これらも発汗直後には無臭です。

もうお分かりでしょう。汗のニオイの原因は、アポクリン汗腺から分泌される汗にあります。この汗が含む成分が、皮膚表面の細菌などによって分解されたときに独特のニオイに変わるのです。

このアポクリン汗は、かつてはフェロモンの一種であり、異性へのアピールの手段であったのですが、現代では無用の長物となりました。一部にはこのニオイが好きな方もおられるようですが、このような背景によるものです。

このニオイが特に強いケースがわきがと呼ばれます。アポクリン汗腺が毛穴に開口し、脂腺から分泌される脂質とも深い関係にあるため、ワキのムダ毛を処理するだけでも状況が改善される可能性があります。

また、多汗症という汗が大量に出る病気があり、この多汗症ともわきがは深い関係にあります。したがって、ムダ毛の処理(永久脱毛)とわきがの処置、場合によっては多汗症の治療もワキ汗のニオイとは深い関係にあります。



【関連する記事】
posted by さくら at 22:41| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
綺麗なブログですね^^

拝見させてもらったとき、目に留まったので、コメントさせていただきました。
Posted by 美容マシーン at 2007年12月22日 04:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。